未成年者がお酒を飲んではいけない5つの理由

1.脳の機能を低下させてます。
長い間大量にお酒を飲み続けていると、脳の機能低下が高い確率で見られるようになります。
記憶力や判断力、思考力、意欲などの低下が起こります。
未成年者でお酒を飲み始めると、これからという時期に、うつ状態になったり、学習能録や集中力、記憶力の低下を起こすことになります。

2.肝臓をはじめとする臓器に障害を起こしやすくします。
成長段階にある未成年者はアルコールを分解する酵素の働きも未完成のため、大人にくらべ飲酒をすると短期間でさまざまな臓器の障害を起こす危険性が高まります。

3.性ホルモンに異常が起きるおそれがあります。
長い間大量にお酒を飲み続けていると、性ホルモンの異常がしばしば起きることも知られています。
男性の場合はインポテンツになったり、女性の場合は生理不順になることもあります。

4.アルコール依存症になりやすくなります。
アルコールには、麻薬や覚せい剤と同じように強い依存症があります。
若い人のアルコール依存症が増加しています。
未成年者は自分を理性的にコントロールする力が十分とはいえません。
未成年者で飲み始めると短期間でアルコール依存症になる危険性が高くなります。

5.未成年者を守るために飲酒を禁止する法律があります。
未成年者飲酒禁止法によって20歳未満の未成年者がお酒を飲むことの禁止はもちろん、
親は子どもの飲酒を止めなければいけない、販売者や飲食店は未成年者にお酒を売ったり、飲ませてはいけない
などといったことが定められています。 

 
http://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/miseinen/04.pdf

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.