酒類販売業免許の現地確認

酒類販売業免許申請書を税務署に提出後、担当の酒類指導官による審査が始まります。
この審査の途中で酒類指導官が申請場所を確認に来ることがあります。

申請場所が酒類販売場として適切であるかの確認と、申請者から申請内容についてヒアリングを実施するのが目的です。
時間は20分ぐらいで終わることもありますし、長いと1時間以上調査をされることもあります。

この現地確認ですが、免許通知書の交付後も酒類指導官が訪れることがあります。
酒類販売を開始後に適切な表示を行っているかを確認されるようです。

酒類販売業免許は更新はありませんが、
販売方法等に問題があると取消事由に該当することもありますのでご留意ください。

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.