酒類販売業免許の経営基礎要件

酒類販売業免許の要件の一つに、経営基礎要件があります。
この中に経験その他から判断し、適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められる者という項目があります。

その要件を満たす者として、基本的には免許を受けている酒類の製造業若しくは販売業の業務に引き続き3年以上直接従事した者、調味食品等の販売業を3年以上継続して営業している者又はこれらの業務に従事した期間が相互に通算して3年以上である必要があります。

上記の経験が無い場合には、その他の業での経営経験に加え「酒類販売管理研修」を受講することでその知識があると認められる場合があります。
地域によっては、1~2年ぐらいその他の業務で経営を経験したあとに申請するように言われることもありますが、
小売業免許であれば、経営経験がなくても研修を受講することで要件を満たすと認めてもらえることが多いようです。

また販売の経験はアルバイトでもよいので、学生時代にコンビニで酒類販売の経験がある場合は、履歴書にその内容も記載しておくとよいでしょう。

 

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.