酒類販売者の独立性

最近、たまに買い物に行くスーパーに『酒類販売始めました』と張り紙がしてありました。
以前から、お酒の販売はしていたと思ったのですが、聞いたところ一旦中断していたそうです。

入口の所には、このスーパーとは別の会社名で酒類販売免許を取得したと書いてありました。
おそらく、これまで免許をもっていた業者が撤退し、別の会社が酒類販売を担当することになったのでしょう。

ただ、このスーパーの場合は、生鮮食品や惣菜、酒類などは別会計になっているわけではなく、
出口付近のレジで一括して支払うことになっています。

酒類販売の要件に、『専属の販売従事者の有無、代金決済の独立性その他販売行為において他の営業主体の営業と明確に区分されていること』とされていますので、どのようにクリアされたのか気になるところです。

通常であれば、誰がお酒の販売者かを明示する必要があるはずなのですが、
酒類販売コーナーには、その販売業者の会社名がプレートで表示されているだけでした。

このあたりは、これまでの経緯や実績等で判断されるのかもしれません。

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.