酒類販売業免許申請に必要な所要資金

酒類販売業免許の申請には、最初の月の仕入れなどに必要の所要資金を上回る資金が必要です。
その所有資金の証明として銀行通帳のコピーを提出します。

会社を設立したばかりの場合、会社用の銀行口座を開くのに1か月ぐらいかかる場合があります。
その場合は、会社設立時に使用した、資本金を振り込んだ発起人の口座のコピーを提出します。
会社用の銀行口座が開設できましたら、後日の提出でも構いません。

現在、会社の銀行口座を作るのは時間がかかります。特にメガバンクの場合は一度は断られることも多いようです。
先日ご依頼いただいた会社では、以前から付き合いのあった地方銀行に申し込んだところ、約1週間で口座が開設されたそうです。

スムーズに銀行口座を開設するのであれば、知り合いの会社から銀行を紹介してもらうのが良いかもしれません。

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.