メインイメージ

酒類販売管理者の選任

酒類小売業者は、免許を受けた後は遅滞なく酒類販売管理者を選任する必要があります。
また、酒類販売管理者を選任し、又は解任したときは、2週間以内に、その旨を所轄税務署長に届け出なければなりません。

酒類販売管理者の選任に当たっては、次に掲げる者から選任する必要があります。
1.引き続き6か月以上の期間雇用を予定している者。
2.他の販売場で酒類販売管理者に選任されていない者。

酒類販売管理研修の受講

1.酒類小売業者は、酒類販売管理者を選任したときは、3か月以内に酒類販売管理研修を受講させるよう努める必要があります。
2.酒類販売管理者研修は、酒類販売管理者の知識の維持・向上を図るため、概3年ごとに受講することが求められます。

酒類販売管理研修は、免許を受ける前や酒類販売管理者として選任される前でも受講することができます。
また、管理者以外でも酒類の取り扱いを行なう者には受講することをお勧めします。

罰則

1.酒類販売管理者を選任しなかった場合には、50万円以下の罰金に処せられることがあります。
2.『酒類販売管理者選任届出書』を税務署に提出しなかった場合には、10万円以下の過料に処せられることがあります。

酒類販売業免許の申請代行:ご相談

お酒の小売や卸売に関する免許について、何かお困りでしょうか。初回相談無料にて承っておりますので、お電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

Copyright© 2012- 酒類販売業免許の申請代行 All Rights Reserved.