酒類製造販売の免許申請のための証明 (納税証明書)

酒類販売業免許の申請には納税証明書を提出する必要があります。 これは、新規に設立したばかりの会社であっても必要です。 東京23区内の事業所であれば、都税事務所で取得することができます。 この証明書を取得する時は窓口で『酒…

続きを読む

通信販売酒類卸売業免許が必要な事例

インターネット上のホームページやカタログを使って、2都道府県以上の広範な地域の 消費者に酒類を販売する場合は、通信販売酒類小売業免許が必要になります。 東京都内で、海外の食品を飲食店に販売している事業者様がいました。 販…

続きを読む

酒類販売業免許は法人と個人のどちらで取るか

酒類販売業免許を申請するのに、会社を作って申請した方がいいのか、個人事業で申請したほうがいいのか相談を受けることがあります。 これは、免許を受けることにはついては、どちらでも違いありません。要件を満たしていれば、どちらで…

続きを読む

酒類指導官設置税務署

酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとに、その販売場の所在地の所轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要があります。 実際の審査は全ての税務署では行われず、酒類指導官の所在する税務署にて行われます…

続きを読む

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る