通信販売酒類小売業免許とは

インターネット上のホームページやカタログを使って、2都道府県以上の広範な地域の 消費者に酒類を販売する場合は、通信販売酒類小売業免許が必要になります。 例えば、チラシを配布して注文を取るような場合、それが特定の地域だけで…

続きを読む

酒類卸売業免許の申請等の手引

昨年から『酒類卸売業免許の申請等の手引』が公開されるようになりましたが、 最近、内容が更新されたものが公開されたようです。 複数申請等一覧表が追加されています。 同時期に複数の申請等を提出する場合には、代表する一の販売場…

続きを読む

イベント等での酒類販売

物産展や祭りなどの会場で、その開催期間中臨時に酒類を販売する場合には、期限付酒類小売業免許を受ける必要があります。 この期限付酒類小売業免許は、酒類製造者又は酒類販売業者が、 博覧会場、即売会場その他これらに類する場所に…

続きを読む

酒税の納税義務者は誰か

ときどき質問があるのが、酒税は誰が払うのかということについてです。 酒税法では、酒税の納税義務者について、酒類の製造者と酒類を保税地域から引き取る者と規定しており、それぞれの納税義務の成立時期は次のとおりとされています。…

続きを読む

経営基礎要件

酒税法10 条10 号関係の要件(経営基礎要件)として、 最終事業年度以前3事業年度のすべての事業年度において資本等の額(注)の20%を超える額の欠損を生じている場合には、酒類販売業免許を取る事ができません。 設立してま…

続きを読む

「仏教の祝日」に伴い酒類の販売が禁止(タイ)

タイでは、2013年7月22日(月)は「アサラハブーチャ」(三宝節)、 7月23日(火)は「カオパンサー」(入安居)という「仏教の祝日」にあたり、酒類の販売が禁止になるそうです。 警察の立ち入りにより酒類の提供が発覚する…

続きを読む

酒類販売管理者の役割

酒類の小売販売における社会的要請への取組としては、法令上の義務の履行から、消費者の利便性確保等のための自主的取組まで様々なものが考えられますが、酒類は国民の生活に大変関わりの深い飲料であり、個々の販売場においては、これら…

続きを読む

酒類販売管理研修はどこで受講すればいいか

酒類販売業免許の申請では、事業主が酒類販売の経験がない場合には酒類販売管理研修を受講していただきます。 また、免許取得後は、酒類販売管理者を選任しなければなりませんので、管理者も受講する必要があります。 この酒類販売管理…

続きを読む

酒類販売者の独立性

最近、たまに買い物に行くスーパーに『酒類販売始めました』と張り紙がしてありました。 以前から、お酒の販売はしていたと思ったのですが、聞いたところ一旦中断していたそうです。 入口の所には、このスーパーとは別の会社名で酒類販…

続きを読む

酒類販売業免許の経営基礎要件

酒類販売業免許の要件の一つに、経営基礎要件があります。 この中に経験その他から判断し、適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められる者という項目があります。 その要件を満たす者として、基本的には免許…

続きを読む

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る