日本酒輸出ハンドブック

最近は、当事務所にご依頼いただくお客様も、輸出卸売の免許を取得する方が増えております。 ジェトロ農林水産・食品部では、日本酒の輸出を始める方を対象に、「日本酒輸出ハンドブック」を作成して公表しています。 前半部分は、現地…

続きを読む

ワインセミナー

先日、寺田倉庫株式会社とBWBJapan株式会社が主催の 「海外有名ワインで資産運用を考える&特別試飲セミナー」と題するセミナーに参加しました。 前半の1時間はBWB社の岩元氏とCFPの北野氏の対談形式で ワインでの投資…

続きを読む

2013年酒類業界10大ニュース

京阪神醸界記者会は2日、13年の酒類業界10大ニュースを選定したそうです。 一番大きなニュースとしては、『清酒が19年ぶりの価格改定発表』です。 理由としては、コメの高騰に加え、円安に伴う原油高騰による包装資材価格の上昇…

続きを読む

酒税法上の罰金

第五十四条  第七条第一項又は第八条の規定による製造免許を受けないで、酒類、酒母又はもろみを製造した者は、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。   第五十五条  次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役又…

続きを読む

酒類販売業免許申請時の事業目的

酒類販売業免許を法人で申請する場合に、法人の事業目的を確認されます。 事業目的に『酒類販売』が記載されていない場合は、追加するように指示されます。 『酒類販売』の文言がなくても、『食品の販売』などが記載されていれば問題無…

続きを読む

酒類販売業免許の現地確認

酒類販売業免許申請書を税務署に提出後、担当の酒類指導官による審査が始まります。 この審査の途中で酒類指導官が申請場所を確認に来ることがあります。 申請場所が酒類販売場として適切であるかの確認と、申請者から申請内容について…

続きを読む

酒類を輸入して販売する場合の免許

「ワインを輸入して消費者対して通信販売したいのですが、輸入卸売の免許も必要ですか?」 このような質問を受けることがあります。 酒類販売業免許は、誰に何のお酒をどのように販売するかによって必要な免許が異なります。 輸入した…

続きを読む

スーパーオクトーバーフェスト

11月30日、12月1日に、東京ドームでスーパーオクトーバーフェストが開催されていました。 オクトーバーフェストは公園で行われることが多いのですが、東京ドームでも開催するんですね。 普通は東京ドームのスタンドでビールを飲…

続きを読む

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る