「仏教の祝日」に伴い酒類の販売が禁止(タイ)

タイでは、2013年7月22日(月)は「アサラハブーチャ」(三宝節)、
7月23日(火)は「カオパンサー」(入安居)という「仏教の祝日」にあたり、酒類の販売が禁止になるそうです。
警察の立ち入りにより酒類の提供が発覚すると、営業停止となるとのことです。

 上記期間にタイにご滞在予定の方は「国が定める禁酒日」となりますので、原則酒類は飲めないものとお考えください。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る