未成年者がお酒を飲んではいけない5つの理由

1.脳の機能を低下させてます。
長い間大量にお酒を飲み続けていると、脳の機能低下が高い確率で見られるようになります。
記憶力や判断力、思考力、意欲などの低下が起こります。
未成年者でお酒を飲み始めると、これからという時期に、うつ状態になったり、学習能録や集中力、記憶力の低下を起こすことになります。

2.肝臓をはじめとする臓器に障害を起こしやすくします。
成長段階にある未成年者はアルコールを分解する酵素の働きも未完成のため、大人にくらべ飲酒をすると短期間でさまざまな臓器の障害を起こす危険性が高まります。

3.性ホルモンに異常が起きるおそれがあります。
長い間大量にお酒を飲み続けていると、性ホルモンの異常がしばしば起きることも知られています。
男性の場合はインポテンツになったり、女性の場合は生理不順になることもあります。

4.アルコール依存症になりやすくなります。
アルコールには、麻薬や覚せい剤と同じように強い依存症があります。
若い人のアルコール依存症が増加しています。
未成年者は自分を理性的にコントロールする力が十分とはいえません。
未成年者で飲み始めると短期間でアルコール依存症になる危険性が高くなります。

5.未成年者を守るために飲酒を禁止する法律があります。
未成年者飲酒禁止法によって20歳未満の未成年者がお酒を飲むことの禁止はもちろん、
親は子どもの飲酒を止めなければいけない、販売者や飲食店は未成年者にお酒を売ったり、飲ませてはいけない
などといったことが定められています。 

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る