酒類卸売業免許の申請等の手引

昨年から『酒類卸売業免許の申請等の手引』が公開されるようになりましたが、
最近、内容が更新されたものが公開されたようです。

複数申請等一覧表が追加されています。
同時期に複数の申請等を提出する場合には、代表する一の販売場等を除く他の販売場等に係る申請書に添付する書類の一部については、提出を省略することができるようです。

先日、ある会社が東京都千葉県で申請をした時に、東京の税務署が千葉県の販売場も審査をしたことがありました。
同じ販売形態であれば、同時に審査をしてもらえるようですので、これまでに比べると申請者側の負担も軽減されるのではないでしょうか。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る