東京都でビール、日本酒、ワインなど5種の「酒検定」開催

特定非営利活動法人FBOが、2013年9月8日に東京にて「酒検定」会場受験を開催するそうです。 酒検定とは、酒の魅力を消費者のみなさまに知って頂く機会を広く提供し、酒文化の継承発展活動および消費者が酒をもっと楽しんでいた…

続きを読む

2012年 焼酎メーカー売上高ランキング

2012年 焼酎メーカー売上高ランキングを帝国データバンクが発表した。 1.上位50社の売上高合計は、前年比2.1%増の2849億7500万円で、4年ぶりに前年を上回った。 2.霧島酒造(株)が9年連続トップの三和酒類(…

続きを読む

世界に飛躍する日本の酒

酒文化研究所モニターアンケート調査より 日本酒をはじめ日本産の酒類(ワインやウイスキーも含めて)の輸出も増えており、政府もクールジャパン推進の一貫で力をいれていくと表明しています。今回は日本産酒類の海外への進出についてみ…

続きを読む

ビール4社が増収増益、6月中間決算 

ビール大手4社の2013年6月中間連結決算が7日、出そろった。国内外でのM&A(企業の合併・買収)や海外事業の拡大が収益を押し上げ、4社とも大幅な増収増益となった。ただ、各社とも主力の国内酒類事業はほぼ横ばいにとどまり、…

続きを読む

未成年者がお酒を飲んではいけない5つの理由

1.脳の機能を低下させてます。 長い間大量にお酒を飲み続けていると、脳の機能低下が高い確率で見られるようになります。 記憶力や判断力、思考力、意欲などの低下が起こります。 未成年者でお酒を飲み始めると、これからという時期…

続きを読む

パンフレット「お酒の適正な販売管理に向けて

国税庁のサイトでは、「お酒の適正な販売管理に向けて」のパンフレットが公開されていますので、 酒類販売業者または、これから酒類販売業者になろうとしている方は、ぜひともお読みください。 酒類販売管理者の選任、酒類の陳列場所等…

続きを読む

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る