自家製のお酒の提供について

お酒とお酒を混ぜたり、お酒に果汁や果物などの物品を入れたりすることは、酒税法上のお酒の製造行為に当たり、製造免許が必要です。
しかし、一定の要件を満たすことで、製造免許を受けずにできる行為があります。

○ 飲食店の方が製造免許を受けずにできる行為は
1 お客様の 注文を受けてから、チューハイやカクテルを作って提供する。
⇒ この場合、手続は必要ありません。
2 アルコール分が 20度以上の蒸留酒にお酒以外のものを混ぜて漬けておき、 お客様の求めに応じて提供する。
⇒ この場合、お店の地域を所轄する税務署に事前の申告が必要となります。

○ 飲食店の方が申告しても出来ないこと
1 サングリア ⇒ 蒸留酒ではないワインを使うので出来ません。
2 清酒ベースの梅酒 ⇒ 蒸留酒ではない清酒を使うので出来ません。

○自家製梅酒などの漬け込んだお酒をお店でお客様に提供するには、次の要件が必要です。
① 事前に所轄の税務署に申告が必要であること
② 漬け込むためのお酒の種類に制限があること
③ 使用できない物品があること
④ 申告した飲食店に限り漬け込みが可能であること

使用できる物品・・・混和が禁止されている次の物品以外のもの
① 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ
② ぶどう(やまぶどうを含む。)
③ アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす
④ 酒類

https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/qa/06/33.htm

 

 

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る