酒類販売業免許の条件緩和の申請

酒類販売業免許を取得後に、
現在販売できるお酒以外のお酒を販売したい場合には
条件緩和申出書を税務署に提出して許可を受けなければなりません。

例えば、こんな場合に条件緩和の申請が必要です。

・一般小売の免許を持っているが通信販売も行いたい。
・清酒を通信販売しているが、ワインも通信販売したい。
・果実酒の輸入卸免許を持っているが、国内の果実酒も卸売したい。
・日本酒の輸出卸売の免許を持っているが、リキュールも輸出したい。

こういった場合に、条件緩和申出が必要です。
この場合、新規で免許を取得するのと同じく約2ヶ月の審査期間となります。

昨日は、申請中だった輸出卸の条件緩和の通知書が交付されたのですが、
約1ヶ月で免許通知書の交付となりました。
今回は、清酒の輸出卸だけだったのを、その他のお酒を輸出酒類に追加という内容でした。

付与されている免許の範囲で、扱う酒類が増える場合は、
多少短い審査期間で免許が出るような気がします。
例えば、通信販売で販売するお酒の種類を増やすような場合もそうです。

これが、一般小売だけの免許をお持ちの方が、
通信販売をしたいとか、卸売をしたいというような場合は、
通常通り、2ヶ月かかると考えて間違いないと思います。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る