日本酒、輸出額が大幅増加し140億円に

国税庁が3月に発表した「酒のしおり」によると、成人1人あたりの酒類消費量は、平成4年度の101.8リットルをピークとして減少傾向にあり、平成26年度には80.3リットルまで減少している。

平成27年の酒類の輸出金額は390億円で過去最高を記録し、平成17年の118億円のおよそ3.3倍まで拡大。

最も輸出額が多かったのは「清酒」で、平成27年は140億円に達し、平成17年の53億円から大幅に上昇。

最も輸出額が多かったのはアメリカの49億9,700万円で全体の35.7%を占める。

酒のしおり

 

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る