酒類指導官設置税務署

酒類の販売業をしようとする場合には、酒税法に基づき、販売場ごとに、その販売場の所在地の所轄税務署長から酒類販売業免許を受ける必要があります。
実際の審査は全ての税務署では行われず、酒類指導官の所在する税務署にて行われます。

2012年に担当が変更になり、以前は新宿・京橋・渋谷・葛飾にも酒類指導官が設置されていましたが、現在は他の税務署に移っていますのでご注意ください。
2020年7月時点の、東京都の酒類指導官設置税務署は、現在以下の通りとなっています。

酒類指導官
設置税務署
担当税務署 所在地 電話番号
神田 麹町、日本橋、京橋、四谷、新宿、小石川、本郷、中野、杉並、荻窪 千代田区神田錦町3-3 03-4574-5596
品川 芝、麻布、荏原、目黒、大森、雪谷、蒲田、世田谷、北沢、玉川、渋谷 港区高輪3-13-22 03-
3443-4171
浅草 東京上野、本所、向島、江東西、江東東、足立、西新井、葛飾、江戸川北、江戸川南 台東区蔵前2-8-12 03-3862-7111
豊島 王子、荒川、板橋、練馬東、練馬西 豊島区西池袋3-33-22 03-
3984-2171
立川 八王子、武蔵野、青梅、 武蔵府中、 町田、日野、東村山 立川市高松町2-26-12 042-
523-1181

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目をご記入いただけますと具体的な回答ができるかと思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?会社の場合は会社名
  • 申請場所はどこか(例:東京都葛飾区)
  • 販売したいお酒は何か(例:フランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(ワインを飲食店に販売、日本酒を通信販売、ウイスキーの輸出、など)
  • 申請者の経歴

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望の連絡先(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る