酒類販売業免許の販売場

酒類販売業免許は、人(法人)と場所に対して付与されるものです。
人(法人)とは、例えば会社に対して免許が交付された場合は、あくまでも会社として販売することができるのであり、
その取締役が個人で販売することはできません。
個人で免許を取得した人を雇って、会社で販売することもできません。
あくまでも、免許を付与された人(法人)が販売することができるものです。

また場所については、特定の場所を指定して免許が付与されるものですから、
他に支店を出して販売するような場合には、その支店でも免許を取得する必要があります。

販売場が建物の2階で免許を取得した場合には、
住所が同じでもその1階で販売することはできないのです。
あくまでも、免許を取得した場所でなければ販売をすることはできません。

コンビニ等で、その付近でイベントがあるときなどに、店の軒先で販売をしていることがありますが、
通常はその販売場の外になりますので、お酒を販売することは厳密に言うと違反となります。

これは、インターネット等を利用しての通信販売酒類免許の場合であっても同じです。
販売場を指定して免許が付与されますから、バーチャルオフィスのような
固定された事務所が無い場合には、免許を取得することができません。

酒類販売業免許には、このように場所に関する制限がありますので
取得をお考えの場合には、どこで販売するのか事前によく考えおくことが重要です。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目を教えていただければ。より具体的な回答ができると思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?
  • 申請場所はどこか(市町村名)
  • 販売したいお酒は何か(例:自社でフランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(例:ワインを飲食店に販売、など)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る