酒類販売業免許申請時の事業目的

酒類販売業免許を法人で申請する場合に、法人の事業目的を確認されます。
事業目的に『酒類販売』が記載されていない場合は、追加するように指示されます。
『酒類販売』の文言がなくても、『食品の販売』などが記載されていれば問題無いと判断されることもあります。

変更の時期ですが、申請時に目的に『酒類販売』が無い場合は、変更された定款と謄本を税務署に提出し確認後に免許交付となります。
担当者によっては、『免許交付後に変更していただければ問題無い』と言われる場合もありますが、
通常は目的変更後に免許交付となります。

会社の事業として行なうわけですから、申請前に事業目的に追加することをお勧めします。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目をご記入いただけますと具体的な回答ができるかと思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?会社の場合は会社名
  • 申請場所はどこか(例:東京都葛飾区)
  • 販売したいお酒は何か(例:フランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(ワインを飲食店に販売、日本酒を通信販売、ウイスキーの輸出、など)
  • 申請者の経歴

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る