日本産酒類海外展開支援事業費補助金(ブランド化・酒蔵ツーリズム補助金)の公募が開始されました。

日本産酒類海外展開支援事業費補助金(ブランド化・酒蔵ツーリズム補助金)の公募が開始されました。
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/boshujoho/index.htm

【受付期間】
令和3年2月1日(月)~令和3年3月11日(木)
郵送の場合、最終日の17:00必着
メールの場合、最終日の17:00まで申請可

公募要領
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/boshujoho/pdf/0021001-114_02_02.pdf

 

【補助率、補助金額】
・補助率:補助対象経費の2分の1
・補助金額:1,000万円以内(下限200万円)
・補助事業期間:交付決定日から令和4年2月末日まで(同日までに支払いが完了していること)

【補助対象者】
・酒類の製造免許又は酒類の販売業免許を受けている者

【補助対象事業】
(1)日本産酒類のブランド化に関する取組
日本産酒類の高付加価値や海外のニーズを踏まえた新商品開発、認知度向上のための情報発信など、商品のブランド化を推進する取組。
○海外ニーズを踏まえ、強みを展開するための現地調査及びブランド戦略の構築
○海外の嗜好に即した新商品開発、新規ブランドの立ち上げ、そのための調査研究 等

(2)酒蔵ツーリズムの推進に関する取組
インバウンドによる海外需要の拡大を目的とし、酒類事業者、観光事業者、交通機関、地方公共団体が連携して、国内における酒蔵やワイナリー、ブルワリー等を巡って楽しむことのできる周遊・滞在型観光「酒蔵ツーリズム」を推進し、日本産酒類の認知度向上等を図る取組。
○酒蔵自体が観光化の取組を行うことによる観光客の受け入れ整備や消費拡大につながる取組

詳しくは公募要領をご確認ください。

岩元事務所では、補助金の申請のサポートもしております。
ご興味のある方はお問合せください。

 

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

メール相談をご利用の方へ

次の項目をご記入いただけますと具体的な回答ができるかと思います。

  • 申請するのは会社か個人事業か?会社の場合は会社名
  • 申請場所はどこか(例:東京都葛飾区)
  • 販売したいお酒は何か(例:フランスから輸入したワイン)
  • 販売方法は?(ワインを飲食店に販売、日本酒を通信販売、ウイスキーの輸出、など)
  • 申請者の経歴

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    ご希望の連絡先(必須)
    メールにご連絡お電話にご連絡

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る