平成28年酒税法等の改正

酒税法等が改正され公布の日(平成28年6月3日)から起算して1年以内に政令で定める日から施行されます。

酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(酒類業組合法)の一部改正

(1) 酒類に関する「公正な取引の基準」の制定
財務大臣は、酒税の保全及び酒類の取引の円滑な運行を図るため、酒類に関する公正な取引について、酒類製造業者又は酒類販売業者が遵守すべき必要な基準(「公正な取引の基準」)を定めることとされました。

(2) 酒類販売管理研修の義務化等
酒類小売業者は、
① 酒類販売管理研修を受講した者の中から酒類販売管理者を選任すること
② 酒類販売管理者に、一定期間ごとに、酒類販売管理研修を受けさせなければならないこと
③ 酒類販売管理研修の受講事績等を記載した標識を酒類販売場に掲示しなければならないこと
とされました。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご希望の連絡先(必須)
メールにご連絡お電話にご連絡

メッセージ本文

ページトップへ戻る